農商工連携プロデューサー育成塾

  • お問い合わせ先・アクセス
  • サイトマップ
  • リンク
  • サイト内検索

ここから本文です

育成塾実施報告

フォーラム「持続的な農商工連携のために」が実施されました
掲載日:2010年3月31日

平成22年3月15日(月)、農商工連携プロデューサー育成塾(以下、育成塾)の成果報告と、農商工事業者・農商工連携を支援する事業者等のネットワークである「農商工連携プラットフォーム」の設立の提案について、フォーラムを実施しました。

フォーラム当日は農・商・工の事業者や支援機関の方など、144名にご参加頂き、誠にありがとうございました。

第一部では育成塾の塾長である東北大学の大滝精一教授(大学院経済学研究科地域イノベーション研究センター長)に「農商工連携プラットフォーム」の設立の意義について、熱い思いと共に語って頂きました。

第二部では東京のNPO法人農商工連携サポートセンターの代表理事である大塚洋一郎様に講演を頂き、農商工連携において必要とされる支援内容や農商工連携サポートセンターの活動内容について、ご講演を頂きました。

第三部では「農商工連携プロデューサー育成塾の成果と農商工連携プラットフォームに求められる役割」と題し、コーディネーターを大滝先生、コメンテーターを大塚代表理事、パネリストとして育成塾第一期修了生で「農商工連携プロデューサー」に認定された橋浦隆一様(今野印刷株式会社代表取締役社長)、村上和之様(株式会社フレッシュファーム代表取締役)、育成塾事務局長である望月孝(株式会社プロジェクト地域活性代表取締役社長)のでパネルディスカッションを行い、育成塾の実施結果と成果のまとめと、農商工連携プラットフォームの構想について話し合いました。

また、今回のフォーラムでは、育成塾は来年度も継続することと、第一期生を中心とした農商工連携ビジネスを支援するネットワークを構築していくことを確認しました。

講演を頂いた先生方はもとより、フォーラムの参加者から寄せられた様々な意見を踏まえ、今後の運営に活かしたいと考えております。

 

0315フォーラム_37.JPGCIMG4139.JPG

 

フォーラム開催概要

■挨拶 経済産業省東北経済産業局 地域経済部長 寺家 克昌 氏

 

■第1部 講演(13:35~14:15)

「農商工連携プラットフォーム設立の意義」

東北大学大学院経済学研究科 教授 地域イノベーション研究センター長 大滝 精一

■第2部 講演(14:15~14:55)

「農商工連携サポートセンターについて」

NPO法人農商工連携サポートセンター 代表理事 大塚 洋一郎 氏

■ 第3部 パネルディスカッション(15:05~16:15)

「農商工連携プロデューサー育成塾の成果と農商工連携プラットフォームに求められる 役割」

コーディネーター:大滝 精一

コメンテーター:大塚 洋一郎 氏

パネリスト:今野印刷株式会社 代表取締役社長  橋浦 隆一 氏

株式会社フレッシュファーム 代表取締役 村上 和之 氏

株式会社プロジェクト地域活性 代表取締役社長  望月 孝

« 前のページに戻る

  • お問い合わせ先・アクセス
  • サイトマップ
  • リンク
  • ホームへ
  • ページトップへ

東北農商工連携プロデューサー育成コンソーシアム

農商工連携プロデューサー育成塾事務局
株式会社プロジェクト地域活性

〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡2-2-11 パスコ仙台ビル 7F

Copyright(c) Project Chiiki Kassei. All rights reserved.

お問い合わせ先 022-205-3540